スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

旅の途中で思うこと。。。

少し前のことになっちゃいましたが、ホーちゃんたちの2歳のお誕生日に、
にーけす家に皆さんお集まりになられるというので、お声をかけていただき、
我が家もビューンと九州へ行ってきました。

4月16日
途中の高速道路で、沢山の災害派遣の自衛隊の車を見ました。
西方面も東方面にも、何台も何台も。。。
ふだんは目にしないカーキ色の車両。
ホロをかけただけの車内に何人かの自衛隊の方が座っておられて、
それが普通電車の車両のようにリクライニングも何もない座席で
このまま東北から帰ってこられたのかと思うと、涙が出ました。
SAで食事をしていたら、自衛隊の方もお食事されていて
勇気が無くて声はかけられませんでしたが、、
心の中で「お疲れ様でした。ありがとうございます」と頭を下げたい思いでした。
山口のいつものキャンプ場で前泊して、その夜がとっても寒くって
焚き火に当たりながら、家族で東北で被災された方々の生活の話をしてました。

私も夫も阪神淡路大震災の被災者です。
ふたりともまだ知り合ってもいないころでしたが、夫はその日スキーからの
帰りで、三宮駅前の歩道橋のうえで地震にあったといいます。


私の実家は何とか半壊でも住めたので、避難所では寝泊りしてませんが、
水もガスも2ヶ月ほど出なかったので、自衛隊の給水車に水をもらいに並んだり、
食事も材料を調達する店も無く、ガスも無く、料理ができないので、
お弁当を避難所で並んで頂いたりしました。
神戸の会社も全壊し、大阪の本社に毎日リュックを背負って何本も電車とバスを
のりついで、通った日々。。。
大阪で颯爽とスーツをきて歩いている人、セールをしているお店をみて、
お風呂に入ることもままならず、リュックにズックにマスク姿のわたし。
ほんま、つらかったなぁ~

あのころ、ホテルオークラのファイトの文字を満員電車のなかでみながら、
いい歳した私が「もうムリ!頑張られへん」ってシクシクと泣いてしまったのを思い出します。

今度の震災は阪神の震災より、規模も被害も大きい。
この1ヶ月程、気持ちがふさぎ、お出かけもしなかったのですが、
そろそろ日常の生活に戻らなければ。。。
そして、あの時沢山の方が助けてくださったように、今度は私が東北に思いをはせ、
自分に出来ることは小さくても、継続してやっていこうと思っています。


未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2011/04/27 18:18
« Prev | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。